今月のスポットライト

HOME > 今月のスポットライト

神奈川県T様邸

44

ホテルのエントランスのようなアプローチ


ライティングのポイント

隣地の境界ブロックを覆ったエバーアートボードを下から照らす光は、まるでホテルのエントランスのように高級感を醸し出します。スリット内に敷き詰めた光を通すガラスゴロタからの光のラインはアプローチに沿ってのび、ゲートの奥へといざなう道標の役割を担います。ライティングフェイスの2連のゲートはパブリックとプライベート空間の橋渡しとなり、ゲートをくぐるとL字にアプローチが広がりそれを誘導するように住宅外壁の水切り内にもテープライトを配し、奥への期待感が膨らむように演出。 アプローチ横のエバーアートボードとライティングフェイスの無機質な空間をシンボルツリーのアオダモとカラーリーフで彩りを添え、電球色のアップライトで優しく空間を演出しています。 デザインにおいて意識したのは、旗竿地という地形を生かした奥行きのある空間づくりと高級感。近隣はマンションやビルなどの高層建物が多く、どうしても日陰になりがちな立地なので、奥に行くにつれて明るくなるようにライティングプランをたてました。ライン状のライトを縦横にうまく入れることでシンプルながらも高級感も演出。また、テープライトはかなり消費電力が高いのでトランスを増やすことで対応しました。

外構プランのポイント

お施主様のオフィスも兼用された住宅でしたのでホテルのエントランスのような空間を意識した外構プランにさせていただきました。隣地の境界ブロックもエバーアートボードで覆い、両側を石目柄のライムストーン柄で統一しグレーでシックな空間に仕上げました。そこにブラックのライティングフレームとオープン外構ながら中と外との空間を分けるゲートを配し、額縁効果を狙いました。また、単調になりがちなボードの間にブラックの角柱を入れることで風通しをしつつデザインにも統一感を持たせました。壁の前にはお手入れの楽な低木を配し、無機質な空間を緑で優しく仕上げました。

PRコメント

"抱きしめたいほどのステキなお庭をお届けしたい"をキャッチフレーズに、常にお客様ファーストを意識した施工を心がけています。 お客様のご要望に合わせた機能性、デザイン性やコストパフォーマンスも兼ね備えたご提案をさせていただきます。石材、木材、コンクリートなどはもちろん、植栽を効果的に配し、心安らぐ空間造りのお手伝いをさせていただきます。

境界ブロックを覆ったエバーアートボードを下から照らす光は、まるでホテルのエントランスのような高級感を醸し出します。光を通すガラスゴロタからの明るい光とゲートの光は明るい家への道標のようです。サイドに散りばめたカラーリーフやシンボルツリーをアップライトで照らすことで、夜でも美しいアプローチが楽しめます。 長く続くタイル貼りのアプローチには二連のライティングフェイスのフレームを配して、連続する光のアーチがエントランスをスタイリッシュに演出します。
※廃盤品・品番の不明な商品に関しては代替品にて案内している場合があります。予めご了承下さい。

株式会社LAND-H.A.G | 神奈川県

株式会社LAND-H.A.G
神奈川県N様邸
17
株式会社LAND-H.A.G
神奈川県 展示場
47
株式会社LAND-H.A.G
神奈川県I様邸
23
株式会社LAND-H.A.G
神奈川県S様邸
20
2024
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014

copyright2010 takasho|digitec ALL rights reserved