今月のスポットライト

HOME > 今月のスポットライト

愛知県F様邸

216

優しさに包まれる「風そよぐ景」


ライティングプランのポイント

何をどう見せたいか、はっきりとイメージする。イメージがぼんやりだと作品にもそのままぼんやり感が出てしまいます。風そよぐ景の場合、道路側を暗くし奥へ奥へと誘うイメージを強く、そして白と黒コントラストを強く出したいイメージを持ちお客様へ伝えました。そしてプラン、デザインし現地で納得のいくまで調整をしました。撮影も含め夜中までかかりましたが、深夜の作業にも関わらず、お施主様も快く承諾していただき作業することが出来ました。私は同じ照明器具を何度も使います。それが大切なキーワードの一つです。そして、作った作品を撮影するのも、どう見えるのか客観的にその作品を見て学習する。その場にいると全体がうまく見ることが出来ませんからね。

施主様の感想

特に奥様は、本当は森の中のログ調の家に住みたかったのですがメンテナンスや強度の関係でコンクリート造になってしまいました。ファサードもモダンな外構しか似合わないんだろうなと諦めて見えたのですが、シンプルなラインでモダンすぎず、優しく雑木に囲まれた風を感じられるスペースを提案することが出来ました。奥様は植栽が完成した時、思わず涙を浮かべて見えました。

PRコメント

庭づくりにはストーリーが必要です。お客様は土地を買い家を買いそして住まいを手に入れることで生活を買います。そこに雑木をはじめ植物を取り入れることで、様々な思い出や日本独特の四季を感じることができます。やさしい庭。それが私たちのテーマです。みどりに囲まれた国、日本。あなたの住まいにも、その原風景を再生し懐かしさを感じてください。そこには優しさが生まれています。我々はスタートラインしか引くことは出来ませんが、そのお手伝いをさせていただければ幸いです。庭には完成という言葉はなく、そこに住まう家族とともに成長していくものなのです。

シャドーライティングがどうしてもお化け屋敷に見えてしまう・・・とのご要望からクロスライティングに変更。 植栽を浮かび上がらせ、アプローチへのイザナイ感を強調したセッティングで優しさが表現できました。ラインやディテールではなく、ストーリーをデザインしました。
※廃盤品・品番の不明な商品に関しては代替品にて案内している場合があります。予めご了承下さい。

ティーズガーデンスクエア | 愛知県

ティーズガーデンスクエア
愛知県Y様邸
112
ティーズガーデンスクエア
愛知県T様邸
59
ティーズガーデンスクエア
愛知県F様邸
216
ティーズガーデンスクエア
ティーズの庭
30
2017
2016
2015
2014

copyright2010 takasho|digitec ALL rights reserved