今月のスポットライト

HOME > 今月のスポットライト

千葉県「GARAGEHOUSE×SimpleStyle」住宅

131

カッコヨクイキル


ライティングのポイント

此処のテーマは「カッコヨクイキル」
自慢の車がショールームに飾ってある如く白色ライトで照らされるように。白色ライトがより際立つようにその他が柔らかい印象になるよう心がけました。
門灯の丸シルエットに合わせて、植栽と壁の間にウォールアップライトをいれました。シルエット×シルエットの効果は控えめでありながら魅了する空間に。
家の両側にある植栽へのアップライトと道路側のポールライトは調和を心掛けました。

ライティングやエクステリアへのこだわりや考え方

「エクステリアとは家に洋服を着せてあげるようなもの」
家の個性を大切にし、その魅力を2倍、3倍に輝かせるためのエクステリア提案を心がけています。また「庭は街と家を繋ぐ中間領域」なので、街並みとの調和を意識しつつ、家とエクステリアのトータルコーディネートを大切にしています。ライティングでは昼とはまた違った魅力をプラスしたいと考えております。

PRコメント

大切なのはウチ+ソト+ニワをあわせてデザインすること。
居心地のいい空間を作るためには家と庭を同時にプランニングすることが大切です。
家は建物だけではなく、庭などソトとのトータルデザインを考えてほしい。クレアカーサでは住宅建築の際に、「ウチ+ソト+ニワ」のトータルバランスを考えご提案しています。「家と庭の同時プランニング」で、住宅の持つ可能性は大きく広がります。また家の間取りなどのイメージを始める段階から同時に計画を進めていくことで、スムーズな工事や無理のない費用配分が可能になります。これから多くの時間を過ごす空間だからこそトータルデザインを大切に、永く愛せる居心地の良い家にしていきましょう。

ぜひ一度クレアカーサショールームへお越しください。

大切にしている車をよりカッコよく引き立つように、ここだけ白色でライティングをしました。空間的にはガレージで重苦しくならないように抜けを意識して作り、植栽をライトアップしたり、オープンな空間づくりを心掛けました。玄関正面にはセラウォールRC杉板を利用した門袖を配置し壁面を照らしました。裏面(玄関側)はあえて黒い塗り壁施工で杉板を引き立てるようにしました。白色と電球色を使い分け、ガレージ部分以外は柔らかい印象にしました。
※廃盤品・品番の不明な商品に関しては代替品にて案内している場合があります。予めご了承下さい。

クレアカーサ
(株式会社 日立リアルエステートパートナーズ) | 千葉県

クレアカーサ
(株式会社 日立リアルエステートパートナーズ)
千葉県I様邸
51
クレアカーサ
(株式会社 日立リアルエステートパートナーズ)
千葉県S様邸
199
クレアカーサ
(株式会社 日立リアルエステートパートナーズ)
千葉県S様邸
219
クレアカーサ
(株式会社 日立リアルエステートパートナーズ)
千葉県K様邸
238
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014

copyright2010 takasho|digitec ALL rights reserved